ギター教則本のデメリット 〜教材選びは動画が決めて

girl plays on classical acoustic guitar

ギター教材で、一番手に入りやすい教則本。
音楽の基礎、ギターのメンテナンス、タブ譜の読み方、
リズムの取り方、コードの押さえ方、チューニングの仕方、
……………

と、親切丁寧に文字で説明されています。
ですが、実際、教則本の通りに弾いてみると、

あれれ…、なんだかウマくいかない……;

この押さえ方でいいのだろうか?

弦を弾く力加減がよくわからない…

っていうことがよくあります。
なぜかというと、教則本だけでは、
正解となる手本を想像できず限度があります。
身近な人でギターを弾ける人がいれば、
その人にギターを実演してもらえばいいのですが、
そういう人が身近にいなければどうすればいいのか……

ここで、役に立つのが動画
教材といっても、本だけではなく、
DVDやネット動画を取り入れた教材を選択しましょう。

今は、昔と違ってインターネットで簡単に動画が見れます。
なので、まずはギターが上手い人の動画を見て研究しましょう。

本だけでは見えてこない、コツをつかむことができます。

 

ギター初心者の方はこちらDVD教材で短期マスター ↓↓↓↓

⇒ 30日でマスターするギター講座 教本&DVD

TOPへ

アコギでかっこいいアルペジオはこれだ! 〜ブルース最高峰「アンジー」

girl plays on classical acoustic guitar
アコギをやり始めて慣れてきた頃に出会う奏法「アルペジオ」。
指でポロポロ弾く奏法です。
これで引き語りができたらカッコイイですよね。
特にフォークギター全盛の頃はこのアルペジオで引き語りの方が
主流だったかもしれません。
そこで、紹介したいのがフォークの神様、

「アコギでかっこいいアルペジオはこれだ! 〜ブルース最高峰「アンジー」」の続きを読む…

アコギが上達するコツ 〜焦らないでハードルを下げる

pixta_13535164_S
ギターを始めたばかりの初心が、
最初にぶつかる壁Fコード。これに関してはこのブログでも再三言っている通り
特に裏技はなく、
乗り越えるには練習と根気が必要です。ですが、根性論では挫折してしまいますよね(^_^;)
初歩的なコツとしては、

  フレットとフレットの真ん中を押さえるのではなく、
  ややフレットに触れる程度のところを押さえる

です。
これは、Fコードに限ったことではありません
ギターを弾く上では基本中の基本。

最初はわからないので、ど真ん中を押さえ気味ですが、
慣れていても、それは辛いです(^_^;)

いかに握力を抑えて、綺麗な音を出すか。
これが、バレーコード(Fコード)の基本です。

それでも、だめだったりモチベーションが続かなければ、
Fコードを簡易的に押さえる方法に切り替えて、
ハードルを下げましょう。
こちらの方がより効果的。

まずは、その簡単な方法を見てみましょう 

⇒ 30日でマスターするギター講座 教本&DVD

TOPへ