社会人におすすめアコースティックギター講座DVD

 

新たに趣味を始めたいと思い、ギターを弾けるようになりたいと思っている社会人の方へ、DVD講座をおすすめします。

普段、残業や職場の付き合いで、定期的に教室へ通えなかったりしますよね。ですが、DVDであればいつでも見れて、何度でも受講できるのです。

自分の生活リズムやタイミングを大切にギターを短期でマスターしたいのであれば、断然DVD講座。

まずは、下記より詳細を覗いてみましょう。

とにかく、簡単に弾けるノウハウが詰まっています。

詳細はこちらから↓

⇒ 30日でマスターするギター講座 教本&DVD

TOPへ

40代から始める、アコースティックギター講座DVD

 

昔、一度はギターを弾いてみたいなぁっと思ったことはないでしょうか。

もしくは、昔少しだけかじって、押し入れでギターが眠っている方はいないでしょうか。または、その昔、挫折した方も。

そんな皆さんに、お勧めしたいのがこのギター講座DVD。

この講座なら挫折もすることなく、スムーズに一曲を通してマスター出来るんです。

それは何故か…

それは、挫折しやすいコードを簡略化しているのです。もちろん、それだけではなく、DVDで実際映像を見ながらなのでとてもわかりやすい。

しかも、自分のペースで何度でも見れるので、上達も早い。

まずは、詳細を見てみましょう。

詳細はこちらから↓

⇒ 30日でマスターするギター講座 教本&DVD

TOPへ

アコースティックギター 弦のお手入れ

 

アコースティックギターの弦は弾いていれば、スチールなので錆びてきます。手汗も拭かずに方っておけば、へたすると、1日で指の滑りが悪くなり錆びます。

滑りが悪いからといって演奏に大きな差があるわけでわないですけど、やっぱり、押さえ心地が悪い…。

さらには、音質も淀むんです。

なので、弦のお手入れもとても大切。

柔らかい布でふき取るのはもちろん、よくお手入れで使われているのが「フィンガーイーズ」といスプレー。

「フィンガーイーズ」は単純に指の滑りを良くするだけでなく、演奏後にさっと一拭きすれば、錆止めにもなります。

アコースティックギターのスタート時には必須アイテム。

 

詳細はこちらから↓

⇒ 30日でマスターするギター講座 教本&DVD

TOPへ

まずはアコースティックギターを弾けるようになろう!

と、タイトルでいったところで、もちろん簡単にはプロ並みに弾くことはできません。時間と根気が必要です。

ですが、そんな根性論だけではギターを続けることができないのも一理あり、楽しめないまま挫折した方も多いのではないでしょうか。

そこで、まずは、ギターの奏法のテクニックを見直しましょう。

いきなり、ちゃんとした形で完璧を目指すのではなく。簡易的な奏法で練習し、ギターを演奏する楽しみを味わいましょう。

なので、どんな形であれ、まずは弾けることが大切です。

詳細はこちらから↓

⇒ 30日でマスターするギター講座 教本&DVD

TOPへ

短期間でアコースティックギターが弾けるようになりたい!

短期間でギターが弾けるようになれたらどんなに楽しいことか…って、諦めないでください。

実際、アーティストのように弾けるには、相当な習熟が必要なのは確かです。

ですが、ウクレレのように簡単に弾けたら、練習も楽しくなると思いませんか。

ウクレレが何故簡単なのかというと、弦が少ない(4本)分、押さえるコードがとても簡単なんです。

アコースティックギターでもそれが出来たらすてきですよね。すぐに覚えられて、すぐに弾けるようになれます。

まずは、その詳細を知ってみましょう!

詳細はこちらから↓

⇒ 30日でマスターするギター講座 教本&DVD

TOPへ

気持ちよくアコースティックギターを弾きたい!

アコースティックギターを弾けるようになりたいけど、弾けるまでは思い通りにできないので、歯がゆい思いをしますよね。

僕も最初の頃は重ように指が動かない自分に腹をたてていました(^_^;)

相当辛抱強い人でないと、弾けるようになれないと思ってしまいますよね。

ですが、マスターへの近道があります。

それは、通常のギターコードを押さえるのではなく、簡易コードで最初は練習すること。

簡易コードなので、簡単に押さえることができ、演奏できるまでがとてもスムーズに!

まずは、演奏を楽しむことから始めるのが、本当に効果的なんです。

詳細はこちらから↓

⇒ 30日でマスターするギター講座 教本&DVD

TOPへ

誰でも出来るアコースティックギターの簡単な弾き方

好きなアーティストがアコースティックギター1本で弾き語りをしているのを見て、憧れますよね。

そして、自分でも弾けたらどれだけ楽しいことか…。

でも、ギターは「難しそう」「すぐに弾けなそう」「挫折しそう」などなど…、諦める要素をあげたらキリがないくらい出てきますね。

ですが、諦めないでください。

誰でも簡単にアコースティックギターを弾けるようになれる教材があります。

この奏法であれば、すぐに弾けて、楽器を演奏する喜びや感動を先に味わうことができます。

誰でも、挫折することなくマスターできます!

 

詳細はこちらから↓

⇒ 30日でマスターするギター講座 教本&DVD

TOPへ

教室へ通わずに簡単にギターを習える!

ギターを習いたいけど、仕事で通うのは難しそうだし、自分のペースでできない。

そんなあなたにオススメなのが、自宅で好きな時間に習える、DVDがオススメ!!

DVDだから、好きな時間に習えるのはもちろん、何回でもギターが出来るまで見れます。料金も最初に払うだけ。

奏法も初心者にやさしく、30日でギターが弾けるメソッドになっています。

アコースティックギターを本気で弾けるようになりたいんおであれば、まずはその奏法を知ってみましょう。

 

 

詳細はこちらから↓

⇒ 30日でマスターするギター講座 教本&DVD

TOPへ

アコースティックギター 弦の選び方

実はギターを弾く上で重要なのは、コードの押さえやすさと、弦の柔らかさ。

初心者です、とお店の定員さんに予め伝えておけば、だいたい柔らかい弦を薦められます。

なぜかというと、ミディアムクラス以上の太さの弦は、なにせ指がすぐにグズグズになります。熟練者であれば、指の皮も厚く出来上がっているので平気ですが、初心者は指の皮がまだ出来上がっておらず、相当痛みます。

指先の痛みが原因で、挫折してしまう方もいるのではないでしょうか。

ちなみに、エレキギターは元々弦が細く柔らかいので、さほど痛まないんですけどね(^_^;)

 お薦めの太さは0.11mm

具体的な弦の太さですが、第1弦の太さが0.11mmのものがお薦め。まずは、ここから徐々に指を慣らしていきましょう。もちろん、0.10mmの弦もあるんですが、力加減が分からない内は、すぐに弦が切れたりして、「また張り直しだ…」っと萎えます。

そして、慣れてくると細い弦では音の張りに物足りなさを感じてくるので、そのタイミングで自分に合った弦の太さやメーカーを模索しょう。

ちなみに、僕が愛用している太さはミドルクラスの0.12mmです(メーカー不問)。

詳細はこちらから↓

⇒ 30日でマスターするギター講座 教本&DVD

TOPへ

アコースティックギターが簡単に弾けるようになる方法

テレビなどで、ミュージシャンがアコースティックギターを弾きながら歌っているのを見ると、憧れて自分でも弾きたくなりますよね。

僕自身もそういった動機でギターを始めた一人です。特に弾き語りに憧れました。

ですが、最初は挫折の連続。バレーコードが押さえられないは、コード進行も覚えられないはで、止めは歌も下手くそでした(^_^;)

でも、今となってはギター歴十数年。継続は力なりですよ。

って簡単に言っても、すぐに弾けなければやる気も続きません。自由自在に弾けるようになるには、それなりの習熟と経験が必要。

とはいえど、やはりすぐに弾けるようになりたいですよね。ですが、アコースティックギター始めた当初に一番やる気をなくすのは、バレーコード。僕も相当苦戦して、押さえられるようになりました。

このバレーコードのおかげで、一曲を通して弾けずに、諦めてしまった方も多いのではないでしょうか。

そこで、バレーコードを押さえずに、簡単に全てのコードを押さえることができれば、一曲を通して弾けるまではどれだけ早いことか。そうすれば、演奏する楽しみ自体を体感できるので、やる気も続きます。

ひとまず、その奏法を知ってみましょう。

詳細はこちらから↓

⇒ 30日でマスターするギター講座 教本&DVD

TOPへ