エレキかアコギか… どちらから始めるべきか

girl plays on classical acoustic guitar

 

エレキとアコギ、どちらから始めれば良いのか…

ギターを始めようとしている人のありがちな悩みですよね。僕も最初にギターを買う時に悩みました。ですが、圧倒的なコストパフォーマンスと、演奏するまでの手軽さでアコギを選択しました。

まずコストパフォーマンスでは、あまり道具を必要としないということ。エレキだと、アンプやエフェクターを買い揃えるのにかなりお金がかかります。アコギは、弦とピック、フィンガーイーズ(指を滑りやすくしたり錆防止をするスプレー)と柔らかい布があれば概ねOK。

そして演奏するまでのレスポンス。断然、アコギです。アコギは手にとってすぐ弾ける。エレキは、アンプにアフェクターをつないだり、音を調整したりと、とにかく弾くまでに時間がかかる。ただ、アンプにヘッドホンをつなげることができるので、アコギよりもサイレントに演奏ができるのは利点ですけどね。

なので、お手軽に演奏したい方にはアコギがおすすめ。

 

ギター初心者の方はこちらDVD教材で短期マスター ↓↓↓↓

⇒ 30日でマスターするギター講座 教本&DVD

TOPへ

最初の一歩は動画でスピード上達 〜アコギDVD講座のすすめ

pixta_13535164_S

僕も最初はそうでした。

アコギを始める時、スターターキッドを買ったはいいが何からどうしてよいのやら…。そんなこんなで、何も知らないまま始めてみると、チューニングやコードの押さえ方などなど、技術的に挫折することばかり…。僕は弾きたい一心で、それを乗り越えアコギが弾けるようになりました。一見、聞こえはいいかもしれませんが、僕の行き当たりばったりなやり方はおすすめいたしません。

そこで、僕のような遠回りをしないでアコギを始めようとしている貴方へ、教材でいいものを見つけました。

正直なことをいってしまうと、最初の一歩は誰かに初歩的なノウハウを学ぶのが一番です。僕みたいに、わざわざ苦労するところではありません。まずはこちらの動画で、その教材のダイジェストを見てみましょう。

 

どうですか、解りやすく動画で説明されていて、誰にでもすぐにでも弾けそうな気がしてきますよね。僕もこう言った教材があれば、最初の苦労をすることなく始められたんだと思います。実際、紙の教本だけでアコギを学ぼうとするととても難しく、正しい動きなどを想像しにくいんです。

動画でお手本を見れるから、弾き方や押さえ方を真似しやすいんです。

なので、上達も必然的に早くなります。しかも、こちらの教材では「指一本から弾ける」方法を伝授。すぐに1曲を通して弾けるので、挫折する前にアコギの楽しみ味わえるんです。これが一番重要ですね。

そして、藤井フミヤの「TRUE LOVE」など40代の方には嬉しい曲のチョイス。さらに、指一本から弾けるので、比較的不向きなイメージのある女性の方にもおすすめしたい教材です。

 

動画で安心
動画でお手本を見ながら、安心して学ぶことができます。本だけだと、どうしても細かいニュアンスまでは知ることができませんよね。実際に講師の弾いている姿を見ながら真似することができるので、上達のスピードが全然違いますよ。
YouTubeでも探せばそういう動画がありそうだけど
無料動画にないノウハウ
そうかもしれませんね。ですが、「教えるプロ」が直接丁寧に長時間指導してくれるDVD講座です。無料動画にはない本物のノウハウがつまってるんです。

おすすめアコギ教材「30日でマスターするギター講座 教本&DVD」はこちら


 ギターが上達する3つのポイント

女性にもおすすめしたいアコギ講座

女性は男性に比べると比較的、指が短く、握力も強くないので、ギターに不向きな印象がありませんか? ですが、それは大きな間違いです。有名な女性アーティストでギターを弾けているのは、特別手が大きいわけでも、握力が強いわけでもありません。単純に修練の賜物に他なりません。

とはいえど、女性にはとっつきづらいのは事実、特にFコードは握力の弱い女性には大きな壁になってしまいますよね。ちなみに、男性にとっても大きな壁なんですけどね(^_^;) そこで紹介したいのが、こちらのアコギDVD講座。とにかく、簡単に曲をマスターできるよう指導してくれるDVD講座です。もちろんDVDだけではなく、教則本がセットで付いてきて、至れり尽くせり。

女性の方もこれを機会にぜひ、アコギを始めてみましょう!

女性の方へおすすめする理由
こちらの講座では、一般的なコードの押さえ方ではなく、よりハードルの低い簡易コードで学べる講座です。なので、女性でも簡単に押さえることができ、めきめき上達しますよ。少し気になる方は下記よりダイジェスト動画を視聴してみましょう!
30日でマスターする【ギター講座 教本&DVD】

ギター教則本のデメリット 〜教材選びは動画が決めて

girl plays on classical acoustic guitar

ギター教材で、一番手に入りやすい教則本。
音楽の基礎、ギターのメンテナンス、タブ譜の読み方、
リズムの取り方、コードの押さえ方、チューニングの仕方、
……………

と、親切丁寧に文字で説明されています。
ですが、実際、教則本の通りに弾いてみると、

あれれ…、なんだかウマくいかない……;

この押さえ方でいいのだろうか?

弦を弾く力加減がよくわからない…

っていうことがよくあります。
なぜかというと、教則本だけでは、
正解となる手本を想像できず限度があります。
身近な人でギターを弾ける人がいれば、
その人にギターを実演してもらえばいいのですが、
そういう人が身近にいなければどうすればいいのか……

ここで、役に立つのが動画
教材といっても、本だけではなく、
DVDやネット動画を取り入れた教材を選択しましょう。

今は、昔と違ってインターネットで簡単に動画が見れます。
なので、まずはギターが上手い人の動画を見て研究しましょう。

本だけでは見えてこない、コツをつかむことができます。

 

ギター初心者の方はこちらDVD教材で短期マスター ↓↓↓↓

⇒ 30日でマスターするギター講座 教本&DVD

TOPへ

アコギでかっこいいアルペジオはこれだ! 〜ブルース最高峰「アンジー」

girl plays on classical acoustic guitar
アコギをやり始めて慣れてきた頃に出会う奏法「アルペジオ」。
指でポロポロ弾く奏法です。
これで引き語りができたらカッコイイですよね。
特にフォークギター全盛の頃はこのアルペジオで引き語りの方が
主流だったかもしれません。
そこで、紹介したいのがフォークの神様、

「アコギでかっこいいアルペジオはこれだ! 〜ブルース最高峰「アンジー」」の続きを読む…

アコギが上達するコツ 〜焦らないでハードルを下げる

pixta_13535164_S
ギターを始めたばかりの初心が、
最初にぶつかる壁Fコード。これに関してはこのブログでも再三言っている通り
特に裏技はなく、
乗り越えるには練習と根気が必要です。ですが、根性論では挫折してしまいますよね(^_^;)
初歩的なコツとしては、

  フレットとフレットの真ん中を押さえるのではなく、
  ややフレットに触れる程度のところを押さえる

です。
これは、Fコードに限ったことではありません
ギターを弾く上では基本中の基本。

最初はわからないので、ど真ん中を押さえ気味ですが、
慣れていても、それは辛いです(^_^;)

いかに握力を抑えて、綺麗な音を出すか。
これが、バレーコード(Fコード)の基本です。

それでも、だめだったりモチベーションが続かなければ、
Fコードを簡易的に押さえる方法に切り替えて、
ハードルを下げましょう。
こちらの方がより効果的。

まずは、その簡単な方法を見てみましょう 

⇒ 30日でマスターするギター講座 教本&DVD

TOPへ

アコギを弾けるようになれる、たった1つの方法

happy  boy is playing on acoustic guitar
ギターを弾き始めるにあたって多いのが、
テクニック上達ばかりに気を取られ、
練習を黙々と、悶々とやっている人
そうすると、練習自体が業務的になり
モチベーションが続かないことに…
最初から、完璧に弾けるように
練習をしてしまう人に多いパターンです。
ギターは難しい楽器です。
簡単に通常レベルで弾けるわけがありません。
ですが、演奏方法を変えれば
簡単に弾けるようになります。
それは、一番の難関である
バレーコードを簡易型にする方法です。
そうして、演奏のハードルを下げることで、
簡単に学ぶことができ、
短期間で一曲を通して弾けるようになれるんです。
なにより大切なのは、
演奏する楽しみを短期間で味わえること。
楽しみが分かれば、
モチベーションも持続し、
上達も必然的に早くなります。
表題のたった1つのこととは
演奏を楽しむこと」です。

まずは、その簡単な方法を見てみましょう 

⇒ 30日でマスターするギター講座 教本&DVD

TOPへ

アコギを早く弾けるようになる教材ならDVD

 

アコギを弾きたいけど、習いに行くほどではなかったり…
習いたいけど自信がなくて、一歩を踏み出すことができなかったり…

でも、アコギを早く弾けるようになりたい!
って思っている方は多いとおもいます。

ですが、現実問題、
プロレベルもしくはハイアマチュアレベルになるまでには、
相当な時間がかかってしまいます。

ですが、ご紹介のDVDでは、
完璧に弾けることが目標ではなく、
まずは簡易コードで簡単に弾ける方法を伝授

コードを簡単に押さえることができるので、
飲み込みも早く、一曲を通して弾ける感動や楽しみも、
早い時期に味わうことができます。

こうして、まずは音楽を楽しめることが、とても大切なんです。

そして、一般的なコードへステップアップする感じです。

まずは、詳細を見てみましょう 

⇒ 30日でマスターするギター講座 教本&DVD

TOPへ

アコギからエレキ? エレキからアコギ? どちらが先か…

girl plays on classical acoustic guitar

アコギからギターを始めたのか…
もしくは、エレキからギターを始めたのか…

僕が学生の時、どちらからギターを始めたらギターの上達が早いか、
という議論をしたことがあります。
といよりは、やや口論っだかも…

もちろん、賛否両論。
エレキ派も、アコギ派も、ただ単に自分がそうしてきたから…
という理由で、なんの論理もへったぐれもなく、
決定的な結論はでませんでした。

では、具体的に各々のいいところをあげていきましょう、

 【エレキ】
   ・単弾き(弦1本を弾く奏法)が主で、スケール感が身につく
   ・弦が柔らかいため、弦を押さえるのが楽ちん
   ・テクニックが豊富
   ・音作り(エフェクターなどで)が楽しい
   ・バンド演奏でこそ真価を発揮する

 【アコギ】
   ・ギターのみで伴奏からコード進行まで全体的な表現ができる
   ・一人で楽しむことができる
   ・ストロークの強弱でボルテージを表現する力が身につく
   ・電源を必要としない
   ・曲全体のイメージが掴みやすく作曲に向いている

という感じでしょうか。
それぞれに重要な要素が多く、
エレキもアコギも弾けることに越したことはありません。
なので、どちらが先でも、
ギター自体の上達のスピードも変わらないでしょう。

ひょっとすると、一緒の楽器として扱わない方が、
いいのかもしれませんね。

ちなみに、僕の個人的な意見としては、

 オールマイティーに音楽を楽しむのがアコギ。
 バンド演奏やテクニックを楽しむのがエレキ。

⇒ 30日でマスターするギター講座 教本&DVD


TOPへ

アルペジオ最強の「アンジー」 〜アコギでマスターしたい曲

girl plays on classical acoustic guitar

アルペジオ最強といえばこの曲、
その名もサイモン&ガーファンクル(以下S&G)の「アンジー」。
厳密に言うとS&Gはカヴァーしたんですけどね。
アコギでアルペジオを探求していると、
必ず行き着く曲。

とにかく、ブルージーでかっこいいのなんの。
まずは、下記より聞いてみましょう。

  ⇒こんな感じの曲(YouTube)

どうです、かっこよすぎて弾きたくなりますよね(^ ^)
ですがこれを弾けるようになるには、
相当な習熟と忍耐が必要です。

この曲をスムーズに弾けるようになれれば、
アコギの免許皆伝ですよ。

皆さんも「アンジー」が弾けるくらい、
アコギをマスターしましょう。

⇒ 30日でマスターするギター講座 教本&DVD


TOPへ