短期間でギターの弾き語りをマスターする方法

ミュージシャンのように、かっこよくギター 弾きたいと思ったことはありませんか。あんなに気持ちよさそうに弾いて歌うなんて自分には無理と思っていませんか。

この方法で練習すれば、短期間でアコースティックギターをマスターでき、弾き語りも夢ではありません。

簡単だから誰でも出来るその演奏方をまずは知ってみましょう。

詳細はこちらから↓

⇒ 30日でマスターするギター講座 教本&DVD

TOPへ

アコースティックギターの選び方

僕が一番最初に手に入れたギターは、画像のようなクラシックギター(ガットギター)でした。このギターは、1〜3弦がナイロン製(昔は羊の腸(ガット))で、主にフラメンコやヴォサノヴァなどで使用されており、ギターのルーツそのものです。なので、普通に歌謡曲などの弾き語りを考えているのであれば、ダメではないが、やや間違ったチョイス。

 初めはフォークギターから

なので、初めての方は、フォークギターがお薦め。みんなが思うアコースティックギターは、このフォークギターです。弦が全てスチール製で、音もエッヂが効いており、ボリューム感も抜群。

 安物でもOK

価格もピンからキリまでありますが、よほどのこだわりがない限り、2〜3万円くらいでスターターセット付きのものを購入しましょう(もしくは知人からのお古)。弾きやすさなど、高価なものと多少差はありまずが、ほぼ気のせいです。弾き心地などはギターの弦選びとメンテナンスと慣れで充分カバーできます。

 他にも様々なアコギの種類

他にも、比較的高価なオベーションやfホールギター、エレアコなど様々なアコースティックギターがありますが、使用している弦が全てスチール製なので、基本は一緒です。欲しい気持ちを抑えて、まずはギターをマスターすることが大切です。

 

詳細はこちらから↓

⇒ 30日でマスターするギター講座 教本&DVD

TOPへ